記事一覧

グランプリ観戦を楽しむ

エフワン

個人旅行もお勧めです

F1カナダグランプリは、カナダのモントリオールにあるジル・ヴィルヌーブ・サーキットで開催されるグランプリレースです。サーキットはセント・ローレンス川に浮かぶ人工島のノートルダム島に建設されており、かつてのモントリオールオリンピック開催時の、ボート競技の会場ともなった場所です。1978年以降継続してF1カナダグランプリの開催地となっており、美しい自然に囲まれた開放的な雰囲気が親しまれています。F1の現地観戦を楽しみたいファンにとっては、モントリオールという大都市にあるサーキットなだけに、アクセスも良好で比較的観戦がしやすいグランプリとなっています。現在のところ国内外の有名な観光地などで見られるような、添乗員同伴の団体行動のツアーはほぼありません。大手旅行会社のカナダグランプリの観戦ツアーはチケットや宿泊施設の手配の他、現地係員による送迎などに限定された、現地集合現地解散のツアーが大部分です。その分F1レース以外の空き時間に自由時間が多いメリットがありますが、カナダは日本からのアクセスも良好で治安もいいので、観光なども楽しみたいのであれば個人手配で現地観戦する事もおすすめです。ただ注意したいのはサーキットのあるモントリオールの多くの部分が、フランス語圏であるという事です。英語が通じる地域もありますが、特にモントリオール島東部はフランス語が主体になります。またモントリオールが属するケベック州は公用語がフランス語と定められており、鉄道の案内や道路標識なども基本はフランス語になっています。宿泊施設や公共施設、交通機関などは英語表記も併記されているのでよく確認するようにしましょう。それでも言語面が心配な場合には、移動の際に現地スタッフが同行してくれるツアーを利用するか、現地のガイドを個人手配する事も可能なので利用してみましょう。